高校時代めちゃくちゃ影響を受けたAFRAさん

AFRAさんの演奏を見たのでAFRAさんの思い出を。

高校時代はとにかく色んな音楽を聴きました。

テレビに登場するようなJ-POPは普通に生活していても耳に入るので、
「探さないと見つからないカッコイイ音楽」を友人と一緒に探していました。

当時はYouTubeなんか無いし、情報源はCD屋さん。

渋谷のHMV(今はもうなくなってしまいました。)やタワーレコードなんかに行ってジャズやクラシックなどのフロアをウロウロしていました。

今思い出しましたが、当時渋谷のHMVで上原ひろみさんのインストアライブを観ましたよ。
今なら絶対にそういうライブはあり得ないだろうし、あったとしても入場規制でしょうね。
あれがフリーライブだったのが奇跡でしたね。

そういう情報もHMVに入り浸っていたのと、その友人のおかげです。

ROVOを知ったのもその頃だったなぁ。
まぁROVOに関しては当時その良さが分からなかったんですけどね。

いろいろと吸収していた時期です。

で、そんな中巡り合ったのがAFRAさん。

当時、ハモネプなんかの影響で「ボイスパーカッション」が流行りました。

とてもカッコイイですよね!僕も真似して練習してみたりしましたが三日坊主に終わったのは前に書きました。

AFRAさんは「ヒューマンビートボックス」という表現をしていて、「ボイスパーカッションと何が違うの?」と思いました。

で、AFRAさんのCDを聞いてみると、「ボイスパーカッションのもっとすごいヤツ」という感じがしました。

ちょっと調べたらとても分かりやすく解説された動画があったので貼っておきます。

タップできる目次

AFRAさんのパフォーマンス

この動画、よく覚えています。「やっぱり有名になったな!」とドヤ顔していました。
「CMに出る前から知ってたよ。」みたいなことを言って回ってましたね。

それと高校生当時ケーブルテレビの「スペースシャワーTV」という音楽番組を見ていました。
それのCMにもAFRAさんが出ていたんです。タップダンサーとAFRAさん二人のパフォーマンスです。
NOISE&FUNKの影響もあり、タップダンスもカッコイイと思っていた僕だったのですぐに調べようと思ったんですが、分からずじまいだったんです。

今になってYouTubeを漁っていたら「見つかりました!!」

そう、そのタップダンサーは熊谷和徳さんだったわけです。
もうね「繋がったーーー!!!」と思いました。
結局、高校生当時から好みは変わっていないということです。でも、この動画すごいカッコイイでしょ??!
何度でも見れるなぁ。自分もこんなプレイがしたいと思いました。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

安里圭一郎 / あさと けいいちろう
神奈川生まれ、2017年に神戸へ移住。
2013年にブログを開始し約800記事を執筆。
現在は
・アーティスト活動のサイト
・サブスク音楽のブログ
・ファッションのブログ
・スティールパンのブログ
など、分割して運営中。詳しくはページ下部のOther Siteにて。

タップできる目次
閉じる