自分を売り込むのではなく、自然体で進化していくこと。

3ヶ月間ブログを休んでいた時期に、ファッションデザイナーの映画を見ていた時期があって。色々な動画を見ている中でヴィヴィアン・ウエストウッドの映画が胸突き刺さりました。 動画の中でヴィヴィアン・ウエストウッドが

これはアーティストへの警告です。  皆、自分を売り込もうとしているだけ。 私はアートのあるべき姿を追求します。
と言っていて、僕の心を覆っていたモヤモヤがパァーっと晴れました。
目次

自分を売り込むのではなく、自然体で進化していくこと。

僕は、ヴィヴィアンの言葉を↑こう解釈しました。↑ 本来ヴィヴィアンが言いたい事とは離れているのは分かっています。 が!今の僕にはこう聞こえて、とても心が楽になったんです。これで良かったんだと。 前回のパンカニで、エンジンルームだったり、Lujoe and the giftedを呼んだり、「自分の中での進化」を披露することができました。 こう言った「進化」は間違っていなかった。とヴィヴィアンに言ってもらえたような感覚になりました。日本のスティールパンシーンはもっと進化して良い頃だと思っているんです。決して無理やり進化させるのではなく。 「自分を売り込むのではなく、自然体で進化していく事」 次の進化に向かって一歩ずつ歩いて行きます。 ヴィヴィアン・ウエストウッド先生ありがとうございます。 楽しく優しくかっこよく]]>

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

安里圭一郎 / あさと けいいちろう
神奈川生まれ、2017年に神戸へ移住。
ドラム缶の楽器:スティールパン演奏・指導しています。

目次
閉じる