パソコン豆知識

【前編】ついに「ぷらら」に完全移行しました。数時間使ってみたけど、何の問題もありません。

ぷららのSIMカードが届きました!!! 申し込みの手続きをしてからずーーーっと楽しみで!!早くこないかなぁとソワソワしたり、メールボックスをチェックしてみたりと落ち着かない日々が続きましたが、ようやく届きました!! いや、「ようやく」という程日にちは経っていません。 8月10日に申し込みをして、届いたのは14日。 めちゃくちゃ速いです!!! こういったところを見てもぷららのやる気が伺えます! 使ってみた感想をざっくり言うと、 「もっと早くから使っておけば良かった!」 もうね、ほとんど問題無しです。

  • セットアップも簡単だったし(条件によって違います。)
  • 通信速度も問題無し。
  • 金額的にはだいぶ削減できました。
  • 安里流ノマドスタイルもレベルアップしました。
これは、皆さんも考え直して方が良いと思います。 大手のキャリアは値段が高いと感じちゃいます。 お盆休みの時期ですし! 身の回りの整理の一環として、電話の通信費の見直しをしてみてはいかがでしょう? 注意点として 誰でも、どんなスマホでもできるというわけではありません。 端末によってはSIMフリーに対応していない場合もあります。 こちらのページ なども併せてチェックした方がいいです!! 僕の場合、 DOCOMO iPhone 5S という条件です。 早速、ぷららSIMの申し込み、そしてSIMカード到着してから、セットアップ、数時間使ってみての感想を書きたいと思います!!

ぷららSIMを申し込む。

まず、ぷららには大きく分けて二つの種類があります。 それは、電話番号を引き継ぐか、 引き継がないか。 ぷららのSIMをいれることで、通話できるか、できなくても良いのか。 これを考える必要があります。 例えば、すでに携帯電話を持っていて、iPadやタブレットで「インターネットだけをしたい」という人は電話番号は必要ありません。そういう方はこちらの電話番号なし、(データ通信のみ)のタイプを選びます。 そうではなく、今まで使っていたスマホで通話もしたいし、データ通信もしたいという方は電話番号を引き継げる方が良いでしょう。 このポイントは人によって違いがありそうです。 僕は、電話もネットもひとまとめにしたいと思いましたので、電話番号を引き継げる方にしました。 そこで、必要になるのが、MNPの申し込み手続きです。

MNPの手続き(DOCOMOの場合)

僕は、以前までDOCOMOのiPhoneを使用していました。 そして、今回DOCOMOからぷららに移行しようとしている訳なので、いわゆる「機種変」みたいな手順を踏みます。 MNPって奴です。 MNP (Mobile Number Portability) 別な電話会社に移行(機種変)しても、今使っている電話番号を引き継げる制度です。 この手続き、初めてやりましたが、「非常に簡単でした!」 最初、手続きしようと思ってDOCOMOのお店に行ってみたのですが、めちゃくちゃ混んでたので帰りました。 大手キャリアのデメリットでもあります。いつもお店が混んでるんです!! そこで取った方法がインターネットで手続き。 携帯電話・PHS番号ポータビリティ(MNP)を利用した解約お手続き方法 | お客様サポート | NTTドコモ こちらのページが順に進めれば、すぐに手続きが完了しました。 途中身分証明書も撮影・送信とかありましたが、携帯のカメラで十分です。 何の問題もなくMNP手続き完了。 手続きが完了すると「MNPの予約番号」というものが貰えます。それを使ってぷららと契約していきます。

ぷららの申し込み手続き

まずはこちらのページに移動。 そこから情報をドンドン書き込んでいきます。よくあるヤツです。 途中MNPの予約番号も記入する箇所がありますので、先ほどの番号を記入。 クレジットカードの情報も登録します。 こちらも何の問題も無いかと思います。ただひたすら必要事項を記入していくだけです。 手続き完了と同時に「ユーザーID」と「本パスワード」が発行されます。これはメモっておく必要があります。 ここまでの手続きは全てドトールで行いました。 いや、かなり気軽にできますよ。必要なものは身分証明書とパソコンぐらいです。 もっと時間が掛かるかと思っていましたが、やってみると意外とあっさり。]]>