クラブ

今回も行ってきました「夏の宴」!単純に楽しんじゃって、いいでしょ?

コミックマーケット、通称コミケというイベントがあります。 毎年夏と冬に開催されているマンガ・アニメ・同人誌などを総合的に取り扱うイベントで、毎年動員数を増やし続けていて国内で開催されるイベントの中でもかなり大型です。 ニュースなんかでも度々取り上げられているので、行ったことがなくても知っている人は多いんじゃないでしょうか。 去年の夏コミケには僕も行ってきました。あれはものすごいイベントです。もし「行ってみようかな」と思う初心者はかなり覚悟した方がいいです。人の多さと人の熱気と気温が異常に高い!でも、大掛かりなお祭りのようなものなので見学だけでも十分楽しめますよ〜。

freestyle K.A. : コミックマーケット84に行って来ました。
で、そんな夏コミケに併せて開催される「夏の宴」 これは関東各所で開催されている「アニソン系のDJイベント」で普段会場を沸かせているDJが一同に集まって開催されるアニソンレイヴ。 https://www.keiichiroasato.com/akibakei-dj/ コミケ会場から徒歩10分ぐらいの「ディファ有明」で開催されています。 2013年の「冬の宴」はこんな感じ。
冬の宴に行ってきました。 | keiichiroasato.com
DJが一同に集まるということはお客さんも多い!だいたい2000人くらい集まるんだとか。 https://twitter.com/miimanoutage/status/500142692483878912 計4つのフロアでガンガン盛り上げてました。 今回から導入されたsky stageというのが「半野外」状態で、近隣には迷惑が掛からない程度に音漏れしていました。 会場に到着するとまずその音が耳に入ってくるのでテンション上がりますね。 アニソン系クラブイベントは普通のクラブイベントとは全く違う空気があるので面白いんですよ。

若い人達の好きな曲が分かる。

クラブに行くと知らない曲に出会えるのが最高です。自分が曲を選ぶのではなく、DJがその場の雰囲気に合わせて曲を掛ける。 それ自体は「クラブ」全般に言えることです。 ですが、アニソン系のクラブイベントは20歳を少し越えたぐらいの人達が集まるので(昼のイベントでは未成年らしき人もちらほら見かけます。)、とても新鮮。 つまり、「今どきの若者」が好きな音楽が分かるわけです。 僕が普通に過ごしていたら全然聞けない音楽も聴ける。例えばボーカロイドの曲とか。 ボーカロイド自体は知っていますよ。しかし、そこまで詳しいわけではない。だからこそこういう場で聴けるのはとても勉強になるんです。 そして、「みんな音楽が大好き」。これが嬉しい。多分、色々な思い出が詰まっているんでしょう。 アニメ自体に思い出がある人もいると思いますし、曲が好き、アーティストが好き、など理由は様々。 でも「音楽が好き」「音楽を聴きながらお酒を飲むのが好き」「音に合わせて体を揺らすのが好き」「踊るのが好き」理由はなんでも良くて、 「全力で楽しむ」という気持ちが最高に楽しいんです。 natsu-no-utage-20140798 natsu-no-utage-20140802 natsu-no-utage-20140809 VJのスクリーンも3枚ですからね。かなりの規模ですよ。 これ、絶対オススメ!本当に面白いシーンです。絶対これから流行ると思う!]]>