革のペンケース作りを手伝いました。

僕のブログに度々登場する革細工の河辺さん。
過去記事はこちら

今回、河辺さんのところに「革のペンケース80個」という発注が来たらしく。
一人では作りきれないとの事だったので急遽アルバイトに駆けつけたわけです。

もはや趣味の領域ではありません。好きが高じて仕事になっていく。
『「キャリア未来地図」の描き方/原尻淳一・千葉智之』。
の本を思い出しました。
ライフワークがライスワークになる瞬間を見た気がしましたね。

これからペンケースを作ります

タップできる目次

河辺さんのネットワークの広さ

今回、ペンケース80個の依頼を受けたのは、河辺さんが以前に一緒に仕事をした仲間からだそうです。
一緒に仕事をした仲間からまた違う形で仕事を受ける、という形がとてもすごいと思いました。
こんな仲間を増やしていきたいものです。

そして、河辺さんの応用力の高さ。なんであろうと興味が湧いたら即調べる。技を身につける。
この速さがすごい。
音楽にも応用できるな。見習わなければ。

僕はアシスタント程度の事しかできませんでしたが、完成したペンケースには愛着がわきます。
今回の革のペンケース、気に入ってもらえると良いな。
続報があればまたお知らせします!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

安里圭一郎 / あさと けいいちろう
神奈川生まれ、2017年に神戸へ移住。
2013年にブログを開始し約800記事を執筆。
現在は
・アーティスト活動のサイト
・サブスク音楽のブログ
・ファッションのブログ
・スティールパンのブログ
など、分割して運営中。詳しくはページ下部のOther Siteにて。

タップできる目次
閉じる