攻殻機動隊ARISE border:3見に行きました!もちろん舞台挨拶も!

攻殻機動隊シリーズ最新作のARISE。
その3話目、border:3を見に行って来ました。

去年からブログでも取り上げています。

[blogcard url=”http://blog.livedoor.jp/keiichiroasato/archives/29664302.html”]

https://www.keiichiroasato.com/arise2/

攻殻機動隊シリーズは昔から大好きな作品。
話が難しくて、コアなファンは考察サイトなども立ち上げています。
僕はそこまで詳しくはありませんが大好きです。
世界観や音楽がカッコいい。

ちなみに音楽はコーネリアスね。

今回のborder:3は素子の恋愛回。アクションメインの作品にこの切り口はシリーズの中でも異色な回だったのですが、攻殻機動隊の軸はブレずとても楽しく拝見させて頂きました。

作品についてはここでは書きません。是非映画館で見てください。

僕個人的にとても楽しみにしていたのは「舞台挨拶」です。
今回も見れて良かった!すごい刺激を受けました。

攻殻機動隊0485

タップできる目次

攻殻機動隊arise 監督さん声優さんの空気感がすごい。

ただ立って話しているだけなのに、圧倒的な存在感。
一流が放つオーラってどうしてこんなに違うのか。

生まれ持った才能?
美人だから?イケメンだから?

同じ人間なのかと疑ってしまうほど。客席で見ている僕らとはまるでオーラが違う。
たまに芸能人を街で見かけることがありますが、その時に感じる空気感。
「違和感」とすら言えるかも。いつもの町並みが全然違って映る感じ。

この空気感を身につけたいなぁ。

結局、この「悔しさ」を感じるために舞台挨拶にいくようなものです。
これをバネに明日からまた頑張ろうと思う。

そういう風に自分に刺激を与えるのを習慣にしているんです。

いい刺激をうけました。
よし、僕も頑張ろう。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

安里圭一郎 / あさと けいいちろう
神奈川生まれ、2017年に神戸へ移住。
2013年にブログを開始し約800記事を執筆。
現在は
・アーティスト活動のサイト
・サブスク音楽のブログ
・ファッションのブログ
・スティールパンのブログ
など、分割して運営中。詳しくはページ下部のOther Siteにて。

タップできる目次
閉じる