何事も「自分用」が一番。

というわけで箱根にある河辺さんのお宅にお邪魔してきました。
音楽合宿も出来ると聞いていましたが、本当に夜中まで音出しが出来ました。
二人でギターとベースを抱えてセッション大会。とても勉強になりました。
またゆっくり音楽について教えて下さいね!

河辺さんと言えば以前革のペンケースを作って頂きました。
そのペンケースをちょっと「マイナーチェンジ」してもおう、というウラの目標がありました。
より「自分が使いやすいように」。今回はそのあたりを紹介したいと思います!

目次

・自分のライフスタイルに合うようにする

今までの形はこれです。
以前のペンケース

紐でくくるタイプのペンケース。オシャレでとても好きなのですが、僕がペン・鉛筆を使う場面は大体が譜面に書くとき。
とっさに「ここはフォルテで」とか言われた時に紐をほどいて、鉛筆を出して、としているととても時間がかかってしまいました。

なので紐をやめてボタンにしてほしいと言ったところ、あっという間にこの形に完成しました。
新しいペンケース

(蜜蝋のワックスをかけたのでホコリが付いちゃってます)

(僕にとって)使いやすさが格段にあがりました!以前より素早くペンが取り出せます。
既製品ではこのようにはいきませんので、こういうのはオーダーメイドの利点です。

今回の「マイナーチェンジ」を通して気付いた事は
色々と我慢と妥協をしながらモノを選んでいた
ということ。

自分のライフスタイルに合ってないと、壊れやすかったり・無くしやすかったりすると思うんです。
モノを無くしやすい人はモノの選び方が悪いのではないかと思っていたりします。
壊れやすいのも自分の使い方に合ってないから。

何事も自分用にカスタマイズされたもの使うのが一番です。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

安里圭一郎 / あさと けいいちろう
神奈川生まれ、2017年に神戸へ移住。
ドラム缶の楽器:スティールパン演奏・指導しています。

目次
閉じる