安里流心理学

ついに完成形かな。「どこでもレザー」で作ったペンケース。~羽生選手の言葉で自分用に拘ること大事だと再確認~

ooisoichi-jan-37.jpg そこで今回、「茶色のレザー」で作ってみたのがこちら。 Dokodemoleather pencase 2 どうですか?!結構いい感じに出来たと思います。 やっぱり自分だけのモノというのは愛着が湧きますね!! 既製品もいいですけど、こういう「手作りの一点モノ」も素敵ですよ。 そして、革製品は使えば使うほど味が出てきますからね。 今回は「味」が出るまで使い込めるかと思います。

自分はどんなものが好きなのかちゃんと知ってる?

今回、とても不思議な気持ちになったのは 自分はどんなものが好きなのか どんなものならちゃんと長く使えるか が分からなかったこと。 以前まで使っていた赤いペンケースも「赤のレザーって僕に似合うかな〜」と思って使ってみましたが結局似合わないと思ってやめました。 今のペンケースに行き着くまでに失敗もあった訳です。 自分のことなのに、ですよ?! 自分が何が似合って・何が好きなのか? って意外に知らないかも。 最近、フィギュアスケートの羽生選手がとても素晴らしいコメントをしていました。
何をしたいか、何をすべきか
このコメントを思い出したんですよ。 羽生選手のような世界の舞台で戦う人でも「自分が何をしたいか」を考えている。 逆を言えば、 「ちゃんと考えないと自分が何をしたいか見つけられない」 ということかなぁと。 ペンケースなんかはペンが収納できれば何でもいいんですが、それでもちゃんと自分用にこだわれば自分らしくなれる。 そういうことの積み重ねが魅力的な自分になっていくのかなぁと。 ペンケース一つからこんなことまで考えてみました。 皆さんにもおすすめです。どこでもレザーでそれを叶えてください。]]>