動画

カップヌードルのCMの錦織圭選手がかっこいい。〜自分流を考える〜

去年も年明けの記事でCMの記事を取り上げました。 2014年1月、気になってる音楽 | 年末年始は家にいることが多いのでCMをよく見るんですよ。 それで、今回とりあげるのがカップヌードルのCMです。 かっこいいね!錦織圭さん! http://youtu.be/fNT9cyhp2dc エア・ケイですよ。 僕と同じ「圭」の字なので親近感が湧います。 ほとんどの一流は「自分のプレイスタイル」を確立していると思うんです。 それは、いわゆる教科書に載っていることの遥か上をいった「その人流」「イズム」という感じ。

http://youtu.be/6LqP0vQhDog http://youtu.be/sfBePtL1J0Q などなど、僕の乏しい知識でもこれぐらい出てくるわけです。 こういった華々しい技。もちろん、基本技術をしっかり身につけた上に成り立っているんだと思うんです。こういう領域に到達する人は本当にごくわずかなんでしょう。 というより、こういう領域に到達できた人が一流なんでしょう。 多分、教科書通りにやってると割と早めに限界点に到達する思うんですよ。 努力だけで到達できない世界があると思う。 世界のトップクラスは教科書以上のこと、すなわち「その人にしか出来ない事」をやっている。

・教科書以上の「自分流を!」

僕も錦織選手のようになりたい。 6ベースはトリニダード・トバゴの楽器だけど、日本人でも出来る事を示したい。 もっと自分を表現したい。 自分にしか出来ない表現をしたい。 トリニダードの人達は上手いです。 しかし、真似事だけでは、それは自分の音じゃない。 良い部分は吸収し、その上に自分の音を積み重ねないと。 「僕なら6ベースをどう演奏するか?」これが今年のテーマです。]]>