3.11。

3.11

この日付には、あまりいい思い出がない、というか日本での思い出がないんです。

3年前当時、僕は日本にいませんでした。
トリニダードからの帰り道、ヒューストンにいました。

だから地震の恐怖を体験していません。

地震の被害に会わなかったのはとても幸いな事。
しかし、それだけ割り切れる感情ではありません。

ヒューストンで見たテレビのニュースには、日本の悲惨な状況がダイレクトに映し出されていました。
それを見てとても恐ろしくなりましたよ。

「本当にこれが日本なのか?」と。

アメリカだからなのか、映像に関する規制も少なく、日本での映像がそのまま使われていたのかもしれません。

ツイッターを見ると、関東の交通も麻痺しているらしい。
家に帰れない人もいるらしい。
津波で家が流された人がいるらしい。
ヒューストンにいるだけではその全貌が掴めませんでした。

帰れるかも怪しい状況でしたが、空港に行ってみると意外にも成田行きの飛行機は飛んでいました。
その飛行機に乗り込み、13時間のフライトの後、成田に着いた時は空港内がヒドく荒れていました。
誰かが空港内で一泊した時に使ったであろうダンボールがそこらじゅうに散乱していました。

日本に帰ってきたけど、日本っぽくない。

当然、高速バスは動いていない。成田エクスプレスも動いていない。
動いているのは各駅停車の電車だけ。

本当にヒドイ状況でした。
それから2日3日経つにつれ、日本全体の状況がわかってきたという感じです。

僕は大震災を経験していません。
ですが、同じ日本人として共に前を向いて歩いて行く。

「お前に何が分かる。」と言われても関係ない。
僕は日本が大好きで、必ず復活すると信じている。
日本という国はとても強い心を持っている。
まだ、支援が行き届かない地域もあると思うが、必ず復活すると信じている。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

安里圭一郎 / あさと けいいちろう
神奈川生まれ、2017年に神戸へ移住。
2013年にブログを開始し約800記事を執筆。
現在は
・アーティスト活動のサイト
・サブスク音楽のブログ
・ファッションのブログ
・スティールパンのブログ
など、分割して運営中。詳しくはページ下部のOther Siteにて。

タップできる目次
閉じる